白髪染めかスプレータイプで染めるか色落ち比較

私は年のせいもあり年々白髪が増加しています。
白髪が増えすぎた結果、年齢は40代なのですが50代また酷いときには60代に見られることもありました。サービス業をやっているため、見た目が若く見えた方がお客様の反応もよく仕事の効率にも影響していました。

そこで私が出会ったのが白髪染めです。藁にもすがる思いでそれに手を出しました。その結果、ばっちりと以前の黒い髪が戻ってきて以前と同じような若々しい見た目に戻り大満足していました。しかも2ヶ月から3ヶ月ほど髪の色ももったので、それほど頻繁に染めることはないだろう、と安心していました。しかし、色が長くもったのは最初の1年ほどだけでした、日に日に髪は傷み、髪をコーティングしているキューティクルが剥がれ髪から色が抜けやくなってしまいました。それからは、部分的に髪の色落ちがありまた以前と同じような年相応ではなく老けた印象に戻ってしましました。
悩んだあげく私が新しく手をだしたのはスプレータイプの髪を染めるものでした。白髪染めと比較しますと1ヶ月ほどで色が落ちてしまい思ったような効果がでませんでした。
しかし、私は両方を併用することにより悩みが解決しました。白髪染めでしっかり染めたあと徐々に髪の色が落ちてきたり,部分的に酷く色落ちしてしまった場合はスプレータイプでカバーすることにより長期間の黒髪ができました。
サービス業では見た目が肝心です。戻ってきた黒髪による清潔感で、また以前のように生き生きと仕事ができて本当に良かったです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ