部分的に使う時の白髪染めヘアマニキュアタイプ

siraderu
 以前は、美容院に行けば、「同世代の方よりも白髪が少ないですね~」などとおだてられ!?気を良くしていた私も60代。さすがに白髪が目立つようになってきました。前から部分的には染めてはいたものの、特に考えもせずに手に取った安価なものを使っていたので、先日、はたと周りを見回すと染料にもいろいろあるので、どれがよいだろうかと考え始め、私の目的に合っているのは白髪染めとヘアマニキュアであるこがわかり、その2種類を比較検討することにしました。
双方の主な特徴としては、白髪染めは、白・黒髪問わず全てを染めることのできる染料。ただ、それだけに髪の内側から作用させるブリーチ剤が入っているので、髪のダメージがあるのがネック。
ヘアマニキュアは、髪の外側からコーティングするもので、元はダメージを受けた髪を保護するために作られ、そこに色素を加えたようなものということで髪にはダメージどころか良いのかもしれないとさえ思わせてくれるもの。しかも、染める時間が短く、白髪も隠せるようなので、なんだか良いコツずくめじゃないとウキウキしながら、実際にヘアカラーを買って試してみました。
 しかし…うーん。確かに気軽に染められる感じではなりますが、白髪の染まりが今ひとつでしょうか。特に肝心の生え際の白髪があまり染まっていないのです。一応、そのまま様子をみたのですが、退色も結構早い気がしました。そこで、後日、白髪染めを試してみたのですが、こちらはしっかり染まり、色も長持ち、今のところダメージもさほど感じず良い感じ。実際に比較してみると違うものだなと思いました。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ